女性ホルモンを整える低用量ピル

低用量ピルがホルモンを整える

大人ニキビの原因の一つとしてホルモンの乱れが関係してきます。10代ならそこまで悩むことはないのですが、20代前半から30代に入ると、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの増減が起こりやすく、ニキビができやすくなります。

 

その他、生理不順や生理痛、出血、頭痛、ストレス、イライラ、PMSなど、10代の頃には起こらなかったことが起こり、精神的に悩まされる女性も多い。この精神的な部分が原因でニキビが発症することもわかっています。

 

メカニズムとしては、女性ホルモンが乱れることで、男性ホルモンが優位になり、皮脂腺が発達し、毛穴から皮脂が過剰に分泌することで、ニキビができやすくなる。

 

増えすぎた皮脂は毛穴に詰まることで、赤ニキビ白ニキビになってしまう。

 

そのために、低容量のピルを服用する人もいます。
低用量ピルは、避妊治療薬として開発されたのですが、副効果の影響で、女性ホルモンを整える作用があります。

 

低用量ピルを服用することで、血液中に男性ホルモンとの結合し、動けなくするタンパク質が増えるためです。ただし、この血液中に血栓が起こる副作用もわかっています。そのために、低用量ピルを服用する場合は、毎月のように病院や産婦人科で検査を受けること。

 

私も最初は低用量ピルを考えたのですが、少しリスクが高いために、現在はアダパレンのジェルを使っています。効果だけでなく、副作用のことも考えて、利用したいものです。