塗り過ぎないようにする

基本的なアダパレンの塗り方

アダパレンの塗り方について、「洗顔後に、1日に2回塗る」。

 

洗顔の役割は、皮脂や肌表面に付着したホコリ、雑菌を落とし、肌を清潔に保つために行います。基本的に朝と夜の2回洗顔料を使って洗顔。その後に、「化粧水→乳液→クリーム」などのスキンケアが終わった後に、アダパレンを塗ります。

 

ゲル(クリーム)をトントンと載せるように目元、口元などの必要な部分に載せていく。できるだけ広げすぎないように。多少べたついてもそのまま放置して、肌に馴染むのをまつ、すり込むと肌の負担になったり、必要のない所に広がってしまうので注意。

 

しかしちょっとした注意事項があり、初期段階は肌の抵抗作用で副作用が起こりやすいために、1日1回、できるだけ薄めに塗るようにし、あすぴ。

 

アダパレンは無色透明のゲルで、特に臭いもないので、比較的に使いやすく塗りやすい。

 

アダパレンの役割としては、毛穴を皮脂で詰まらせないようにしたり、ニキビの炎症を悪化させないように抑えてくれます。

 

そのため、塗るところは、でき始めのニキビに塗ることで、最大限の効果を発揮してくれます。