大人のニキビを改善させる漢方薬

低用量ピルより漢方薬

大人のニキビはホルモンバランスの乱れが関係しているため、低用量ピルを服用する人もいます。
低用量ピルで、女性ホルモンを整えることで、男性ホルモンの優位を抑えるために、皮脂量が減るために、効き目があるとされています。

 

しかし、少し副作用が強いために、避ける人もいます。
血流の流れの中で、血栓ができるために、脳梗塞や脳腫瘍など、大きな病気になる恐れが。そのため、低容量ピルに抵抗のある人がいます。

 

 

すこで、副作用が少ない漢方薬がお勧めです。

 

漢方薬にも種類は色々有りますが、慢性化したニキビには漢方薬を服用することで、ホルモンバランスを整え、体内の免疫力を高める作用があります。

 

最近では、病院の皮膚科でも漢方薬を処方する所が増え血得るそうです。
たとえば、
「桂枝茯苓丸」(ケイシフクリョウガン)
こちらは、比較的体力が有り、末端に強い冷えをっ感じるタイプにオススメ。大きめの赤いニキビがアゴ付近にできやすい人に使うことが多いそうです。

 

その他、下腹部痛、肩こり、頭重、めまいなどにも効果が期待できます。

 

 

もう一つが「荊芥連翹湯」(ケイガイレンギョウトウ)で、脂性肌で、小さく可能するニキビが顔全体に出来るタイプに処方されます。

 

具体的には、炎症をともなうニキビ、それから痒みや湿疹などにも適用されるそうです。

 

 

漢方薬は、病院の他にドラックストアーなどでも購入できるために、一度試してみるのもいいかもしれません。